爪水虫は女性に多い?

器質的に見て、爪水虫へのかかりやすさに男女差は無いのですが、
現実的には「中高年の男性に多かった爪水虫が、女性にも増えている」とも言えそうです。

 

爪水虫になりやすい状況は?

爪水虫の要因は白癬菌であり、もちろん普通の水虫と同じです。
ですから、爪水虫になっている人は、既に水虫になっているケースが多く、
両者の感染経路も同様です。

 

そして、水虫に見舞われやすいのは「足の発汗が多い」ですとか
「長い時間靴を履き続けている」ですとか「靴下や靴の中が清潔ではない」
というような人です。

 

 

社会状況の変化

つまりは「靴や靴下のせいで足が高温多湿になっている人」は、
爪水虫に陥りやすいという事になります。

 

そして以前は、中高年男性は「外で働き、革靴や作業靴を履き続ける」。
そして、女性は「家で家事をするので、あまり靴を履かない」
という状態の社会状況になっていました。

 

しかし、働く女性が多くなってきた昨今、女性でも靴を履く機会が増えてきたのです。

 

また、子供であっても、放課後も習い事や塾に行く子供が増加しているので、
靴を履かなければいけない時間は、昔よりも増加していると言えます。

 

 

足元に気を付ける

というわけですので、どなたも水虫には気を付けましょう。

 

「足元」の話ですが、ブーツを履く事が多い方は特に気を付けて下さい。
寒さを防止するための靴ですから、風通しが悪いですし、
湿り気も抜けにくくなっています。
お洒落のためのブーツであってもそれは同様です。

 

ブーツを履いた状態で発汗すると、ブーツの中は高温多湿となり、
白癬菌が殖えやすくなってしまいます。

 

さらに、ブーツに加えてストッキングを身に付けているのであれば、
もっと高温多湿になるので要注意です。

 

また、パンプスやヒールにも、風通しが良くない靴はたくさんあるはずです。

 

そして、足先が細いタイプの靴では、指と指が密着する事が原因で、
指の間がジメッとしやすくなります。

 

ですから、会社のデスクワークなどでは、できる限りサンダル等に履き替えて、
足の風通しを良くしましょう。

 

とにかく、長い時間靴を履かないようにして、適度に足の風通しを保ち、
白癬菌が殖えにくい状態にしましょう。足汗を止める対策